Culture First〜はじめに文化ありき〜

  1. Culture First CULTURE FIRSTとは?
  2. News & Topics ニュース&トピックス
  3. Message メッセージ
  4. Organization 推進団体

Message for Culture First

作詞家 岡田冨美子

生きる糧である「著作権」への
ご理解を

作詞家 岡田冨美子

MOVIE

私は詞を書いているのですけれども、私たちの作品は著作権法で守られています。ひと昔前であれば、「著作権とか知的財産て何?」という感じで皆さんに馴染みが薄かったのですが、小泉内閣の頃に知的財産基本法というものが成立いたしまして、知的財産戦略会議というものが立ち上がりました。その頃から新聞・雑誌、テレビその他報道で「著作権」という言葉をしばしば耳にするようになりました。

しかしながら、知的財産権という概念には、特許のような産業的な財産権と、著作権のような文化的な財産権の両方が含まれているのですけれども、皆さん特許というのは大昔からよくご存知で、特許料というのは払わなければならないものという理解が浸透していますが、著作権というものに関しては、相当音楽好きな人でも「著作権なんてどうして払わなければならないの?」「払わなくていいんじゃないの」と、そんなふうに思われていますし、もっと過激なことを言う人は「著作権というのは邪悪な権利だ」と、切り捨てようとしている人たちもたくさんいるような状況があります。

そのような状況のなかで、私たちがひしひしと感じることは、正しく得られるべき利益が大きく目減りしている、ということです。それは不法録音や違法アップロードなど、我々が取り締まろうとしてもイタチごっこで取り締まりきれないような状況のなかで起こっているわけですけれども、今ここで本当に音楽好きな皆さま、そして音楽を好きになろうとしている子供たちに、著作権の必要性を訴えたいと思います。

それを訴えることでどういうことになるかと申しますと、我々は作品を書くという文化的行為をしているのですけれども、その作品が商品になったときに、それは経済行為であって、私たちの生活を支えてくれるものになるわけです。それが目減りするということは、あまりお金にならない、暮らしていけないのであれば作家になるのはやめようという人が増えてくる、音楽の担い手がいなくなってしまう、という恐れがあるわけです。

やはり音楽は文化であるということを考えると、音楽作家の権利を守るということが音楽文化を守ることに繋がるのだと思います。より豊かな文化社会を築き上げるためにも、我々作家の生きる糧である「著作権」へのご理解を、皆さまにお願いする次第です。